【2022年最新版】SEOツールおすすめ77選!強み・価格・機能などを徹底比較

コロナ禍で在宅時間が増え、インターネットやスマートフォンの使用時間が伸びたことで、よりSEO対策の重要性が増したと言えるでしょう。

しかし、「自社メディア用に効果的なコンテンツプランを立てたいが、検索需要のあるキーワードが分からない」「なるべく費用を掛けることなく、着実に順位を上げていくにはどうしたら良いだろう」「レポート作成に掛けている時間と手間を減らしたい」と、SEO業務において悩みは絶えませんね。

トラフィックを常に獲得するために、コンテンツを継続的に発信するなどの手立てを探っておられる方もいるでしょう。メディアを育てるのには地道な努力が必要ですが、「なんとかしてプロセスを簡素化したい」との叫び声が聞こえてきます。

ところがSEOツールを利用したいと思っても、どのツールがいいのかを検討するポイントが掴めず、お困りの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SEOツールを選定する際にチェックすべきポイントやおすすめのツールを紹介します。

なお、重要度を客観化するために既存のSEOツールを紹介したサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質なSEOツールを探すことができます。

※出現頻度が同数の場合は、アルファベット順に掲載しています。日本語名については、ローマ字表記で判断しています。

LISKULには以下のような方向けに別途詳しい記事がありますので、ぜひご覧ください。

参考:SEO対策は全く初めてという方に
   初めてでもすぐに使える!初心者向け無料SEOツール10選
   キーワード選定に特にお困りの方
   【2022年最新版】おすすめのSEOキーワード選定ツール10選

SEOで自社のページに不足しているコンテンツが一目でわかる「tami-co」


SEOツールのピックアップ[PR]

tami-co/CROCO株式会社

tami-coのサイトキャプチャ

  • 順位を取得すべきキーワードを分析
  • タイトル・見出し用キーワードを提案
  • Googleと同様の自然言語処理技術「BERT」で共起語を抽出
月額・費用■ライト 31,350円/月
■通常 59,400円/月
■ビジネス 85,800円/月
■プレミアム 110,000円/月
※税込み
※契約期間は6か月ごとの更新
無料プランの有無2週間の無料トライアルあり
競合調査・分析の可否
使いやすさ■「ユーザーの検索ニーズ」機能で対策すべきKWをトピックごとに確認
■既存記事に不足している内容を自動で洗い出してリライト可能
■自社及び競合サイトの上位表示キーワードを抽出
レポートの出力可否
■検索結果や競合サイトの分析レポート
日本語対応対応
Google検索以外の
サポート

Sponsored by CROCO株式会社

Ahrefs/Ahrefs社

  • ブロガーからグローバルな多国籍ブランドまで、様々な人たちが検索流入を増やすために利用。
  • 1万人以上のマーケターたちと質問や議論ができるコミュニティあり。
  • 24時間365日対応のカスタマーサポート。
初期費用0円
※契約料や設定料は一切かからない。プランの切り替えやAhrefsの解約はいつでも可能。
料金プラン■ライト:月額99ドル
■スタンダード:月額199ドル
■アドバンスト:月額399ドル
■企業:月額999ドル
※詳細はWEB参照
導入企業Interflora British Unit社、Authority Hacker社、Backlinko社、DIGGITY MARKETING社、CloudApp社 など
こんな人におすすめ■市場評価を押し上げるために、最適ではない判断をしている
■検索結果に広告が出てくることが多くなり、実際にコンテンツを作っている人への負担になっている

Similarweb/SimilarWeb Japan株式会社

  • マーケティングチーム全体で使える、オールインワンの競合分析ソリューション。
  • 新しくターゲットすべき価値あるキーワードを見つけ、自社のトラフィックシェアを拡大。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■デジタルマーケティングインテリジェンス エッセンシャル:$249~/月
■デジタルマーケティングインテリジェンス アドバンスド:$449~/月
■デジタルマーケティングインテリジェンス アルティメット:要問い合わせ
※年間一括払いの金額詳細はWEB参照
※シミラーウェブの他ビジネスソリューション詳細はWEB参照
導入企業楽天グループ株式会社、Walmart Inc.、Google LLC、KAYAK、Trust Pay, a.s.など

Google 広告 キーワード プランナー/グーグル合同会社

  • 適切なキーワード選択で、購入見込みの高いユーザーに広告を表示できる。
  • キーワードごとに推奨入札単価を表示。広告予算の策定に役立つ。
  • キーワード調査ツールの利用で、特定の語句が検索されている頻度や検索数の推移を確認できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
こんな人におすすめビジネスに適したキーワードを見つけたい

GRC/有限会社シェルウェア

  • ボタン一つですべての検索キーワードの順位を調査。
  • 直近の順位変化はもちろん、 過去の全ての順位変化もグラフ表示で一目瞭然。
  • 項目数に制限のある無料版もあり。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■ベーシック:4,950円/年
■スタンダード:9,900円/年
■エキスパート:14,850円/年
■プロ:19,800円/年
■アルティメット:24,750円/年
※費用は高くなるが月額も可
※詳細はWEB参照
導入企業360株式会社、合同会社ケーエス、株式会社ティーエルマーケティング、株式会社シロサキカンパニー、株式会社バズベイト など

Google Search Console/グーグル合同会社

  • Google検索結果でのサイトの掲載順位を監視・管理・改善するのに役立つサービス。
  • 無料で利用できる。
  • ジェネラリストからスペシャリスト、初心者からベテランまで、誰でも利用可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
こんな人におすすめジェネラリストからスペシャリスト、初心者からベテランまで、どなたにもお使いいただけます。

BULL/株式会社ディーボ

  • クラウド型だからインストール不要。
  • Web上で順位チェックを行うため、順位取得時のPC起動が不要。
  • 完全自動なので、休日も完全自動で順位チェック可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■BULL30:1,150円/月
■BULL50:1,850円/月
■BULL100:3,500円/月
■BULL200:6,550円/月
■BULL500:15,400円/月
※税込み
※各プランの登録キーワード・URL数など詳細はWEB参照
※有料オプション詳細はWEB参照
導入企業要問い合わせ

Google マーケティング プラットフォーム アナリティクス/グーグル合同会社

  • サイトやアプリのユーザー像を詳しく分析。自身のマーケティングやコンテンツの成果を的確に評価できる。
  • Google独自のインサイトと機械学習機能によって、データを最大限に活用できる。
  • Googleのさまざまな広告サービスやパブリッシャーサービスと連携可能。
初期費用無料
料金プラン■アナリティクス:無料
■アナリティクス 360:要問い合わせ
導入企業要問い合わせ

ミエルカ/株式会社Faber Company

  • Webサイトの改善施策に必要な機能がこれひとつで揃う。
  • CSスタッフが施策に伴走。担当者のスキルアップやメンバー育成まで支援。
  • 専門家によるWebマーケティングに関するノウハウセミナーを定期開催。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社朝日新聞社、コクヨ株式会社、日本ユニシス株式会社、株式会社ベネッセコーポレーション、富士フイルム株式会社など1,500社以上

Google トレンド/グーグル合同会社

  • 世界中の検索トレンドを確認できる。
  • 最新の急上昇ワードだけでなく、年ごとの急上昇ワードもチェック可能。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業要問い合わせ
こんな人におすすめ世界中の検索トレンドをチェックしたい

SEARCH WRITE/株式会社PLAN-B

  • チーム運用に特化した設計。全員でPDCAを回しノウハウを貯められる。
  • 打つべき施策をAIが提案。企画立案を強力サポート。
  • 累計5,000社を支援したノウハウから、「自分たちでできる」まで無償サポート。
初期費用■ベーシックプラン:無料
※スタンダードプラン、プレミアムプランは順次リリース予定
料金プラン■ベーシックプラン:50,000円/月
※有料オプションあり
※スタンダードプラン、プレミアムプランは順次リリース予定
導入企業株式会社アップガレージ、株式会社ラクーンフィナンシャル、花キューピット株式会社、株式会社クラフト、株式会社SRJ など600社以上

TACT SEO/株式会社ウィルゲート

  • 自サイトと競合上位サイトを比較し、SEO観点で分析。課題を調査しレポート。
  • URLを入力するだけで、自サイトや競合サイトの流入キーワードを調査可能。
  • 指定したキーワードの、自社サイトや競合サイトのランキングを日単位で計測・管理。
初期費用100,000円~
※税抜
※ツール導入の支援を2回実施
料金プラン月額90,000円~
※税抜
導入企業湘南ゼミナール、株式会社トランス、株式会社トレードワークス、株式会社KADOKAWA、GMOデジタルラボ株式会社 など
こんな人におすすめ■SEOの専門的な知識がない
■「ユーザーがどんな情報を求めているか」を明確にしたい
■「ページ内でどんな情報を提供すればよいか」を明確にしたい
■競合は上位だが、自社は順位が獲得できていない

Gyro-n/株式会社ユニヴァ・ジャイロン

  • 前日比を眺めているだけではつかめない、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示。
  • キーワードごとに競合サイトと比較できる。
  • 検索エンジンからの評価を高めるために必要なポイントを、ページ分析機能でチェックできる。
初期費用無料
料金プラン■スターター(3ヶ月無料):500円/月
■ライト:4,500円/月
■スタンダード:9,600円/月
■プレミアム:16,800円/月
※税別
※オプション、各プランのサイト数、キーワード数等詳細はWEB参照
導入企業損害保険ジャパン株式会社、ビッグローブ株式会社、株式会社キタムラ、プレミアムウォーター株式会社、株式会社日本薬師堂など
※Gryo-n導入企業
こんな人におすすめ■検索順位はチェックしているが対策に結び付けられていない
■競合サイトまで詳細にチェックできていない
■SEOからの流入パフォーマンスがわからない

Ubersuggest/Neil Patel Digital社

  • ターゲット市場の競合戦略を分析して情報を提供。
  • 特定のキーワードで上位にランクしている競合ページや、Facebookなどで人気のあるページを表示。
  • ヘッドタームからロングテールまで、大量のキーワード候補を提案。
初期費用無料
料金プラン■パーソナル:月額2,999円
■ビジネス:月額4,999円
■エンタープライズ:月額9,999円
※買い切りもあり
※詳細はWEB参照
導入企業50,000ユーザー以上
こんな人におすすめ■競合のSEO、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング戦略はできる限り詳しく分析したい
■優良なアクセスを効果的に増やしたい
■一生懸命コンテンツを作成しても、アクセスもなく、シェアされない
■より効果的なキーワードを複数の選択肢から選びたい

DeepCrawl/GMO TECH株式会社

  • 過去のクロールデータから変化と問題を確認。サイトの状態をチェック。
  • トレンドデータ履歴のビジュアル化で、主要な指標の進化を追跡。
  • サイト構造を最適化できる。
初期費用要問い合わせ
料金プラン■ベーシックプラン:360,000円/年
■エンタープライズ:応相談
導入企業Lenovo Corporation、Nestlé Ltd.、IKEA International Group、InterContinental Hotels Group PLC、Vodafone Group Plc など

Google Developers PageSpeed Insights/グーグル合同会社

  • モバイル端末やパソコン向けのページのパフォーマンスをレポート。改善方法を確認できる。
  • 「速い」「平均」「遅い」の3分類でパフォーマンスを表示。
初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
導入企業株式会社日本経済新聞社、George社 など

その他おすすめのSEOツール62選

EmmaTools
SEOチェキ!
Keywordmap
Semrush
Majestic
検索順位チェッカー
ラッコキーワード
SEOマスターProfessional
Lighthouse
Screaming Frog SEO Spider
キーワードファインダー
DemandMetrics
aramakijake.jp
akakurage.jp
リンクチェッカー(リンク切れチェックツール) dead-link-checker.com
アナトミー
chiyo-co
リッチリザルト テスト
tami-co
Link Explorer
Serposcope
User Insight
AnalyticsPM
パスカル
Ptengine
Mouseflow
CopyContentDetector
高評価
Moz Pro
共起語検索
SEOquake
Google SERP Snippet Optimization Tool
構造化マークアップ支援ツール
サクラサク流SEOメソッド
Raven Tools
Whitespark
SEO Site Checkup
Google マーケティング プラットフォーム データポータル
Site Analyzer
Bright Local
SEOmonitor
ohotuku.jp
ランキングチェッカー
AI SEO ライターツール
ezorisu-seo.jp
fukuro
Dockpit
グーグルサジェスト キーワード一括DLツール
talabagani.jp
hanasakigani.jp
takotubo.jp
SEOピッシュ
RankGuru SEO
RankTracker
Gyro-n SEO Lab.
サクラサクラボSEOツール
Contentsquare
見出し(hタグ)抽出
スキーマ マークアップ検証ツール
Markup Validation Service
Google マーケティング プラットフォーム オプティマイズ
Wayback Machine


SEOツールを検討するときの3つのポイント

おすすめツールを紹介する前に、選ぶ際に検討すべきポイントを説明します。自社に合うツールを選ぶために、以下の3つのポイントに注目して検討してください。

ポイント1. SEOツールで使いたい機能を洗い出す

SEOとひとくちに言っても、外部・内部対策など、さまざまな要素が絡んでおり、また対策のどの段階にいるかも、各社によって異なります。

SEOに関して現在、どのようなゴールを設定していますか。

検索需要にマッチしたコンテンツ・キーワード選定をするために、ボリューム調査をすることでしょうか。あるいは、Webサイトの表示スピード最適化を重視することでしょうか。

まずは、社内で重視するKPIを明確にした上で、ツールに求める機能を洗い出してみましょう。ツールの比較検討は、そこから始まります。

このことを念頭に置いた上で、どのツールにも共通するのは競合調査の充実度と言えます。例えば、自社・競合サイトでトラフィックを獲得しているキーワードはそれぞれどのようなものか、またそれらは効果的に用いられているかなど、求めるレベルのデータを効果的に弾き出してくれるツールを見定めていくことをおすすめします。

Yahoo!やBing、YouTubeなど、Google検索以外のプラットフォームの調査・分析ができるかについても、要チェックです。

ちなみに日本版Yahoo!はGoogleの検索技術を採用しています。各社とも検索結果の特色は異なるため、表示画面は変わりますが、アルゴリズムに関しては同じ仕組みで動いています。

しかし、Googleに次ぐ世界第2位の検索エンジンであるYouTubeについては、SEO対策がなされていないこともかなり多いと言われています。自社で動画コンテンツを制作されている場合には、対策の穴場となるのではないでしょうか。コンテンツに動画がある場合は、YouTubeもしっかり対策しておく必要があります。

ポイント2. SEOで重視する項目と照らし合わせて、予算に合うツールを挙げる

多少費用を掛けても、効率的に幅広い項目の情報収集を実現できるツールを探すのか、予算がかなり限られているかによって使える費用が異なってきます。まずは無料プランから始めて、有料ツールに移行するのもおすすめです。無料、もしくはお手頃価格で利用できるツールはたくさんあります。

ツールを検討する際に念頭に置くべきなのは、各ツールの得意分野は異なるということです。分野が限られていても、優秀なツールはたくさんあります。

メインの目的は、検索順位の把握・検索アルゴリズムの変動ウォッチか、急上昇ワードをキーワード選定するなど、重視する項目は企業によって異なります。

SEOツールの中には、新しくターゲットすべき価値あるキーワードを見つけ、自社のトラフィックシェアを拡大する機能があったり、1万人以上のマーケターたちに質問・議論ができるコミュニティなど、活用できる機能が備わっているものもあります。

さらに、利便性において日本語対応かどうかも、事前にチェックすると良いです。ツール内だけでなく、マニュアルも含めて日本語対応しているかどうか、注意して見ておくと後で役立ちます。

もし複数サイトを運営されている場合は、指定する評価軸において、SEO調査が容易にまとめて実現できるかどうかもポイントです。

重視する評価項目を考慮しながら、無料・有料ツールを組み合わせて予算に合うように利用することをおすすめします。

ポイント3. レポートの作成は容易にできるかどうか

ツール上で調査・分析が済んだときに、CSVやPDFなど、希望するレポート形式で簡単に出力できるかどうかもチェックが必要です。

また、社内で他の担当者と円滑に仕事を進めるためにも、複数人で同時にツールを使いたい企業もあるでしょう。そのため、同時利用人数に制限はないか、導入前に目を配っておくと安心です。

あえてレポートにしなくても良い項目については、データの取得が簡易かだけでも見ておくと便利です。さらに、他のツールとの連携機能についても確認しておきたいポイントです。こうした機能ひとつで、分析作業の効率が大幅に変わってきます。

担当者にとっての使いやすさを事前に検討しておくと、スムーズに運用を開始できます。


まとめ

本記事では、77種類のSEOツールを紹介しました。

ツールを選定する際には、ポイント1. SEOツールで使いたい機能を洗い出す、ポイント2. SEOで重視する項目と照らし合わせて、予算に合うツールを挙げる、ポイント3. レポートの作成が容易にできるかどうか、を目安にすると良いでしょう。

本記事を参考に自社にあったSEOツールを見つけてください。