【2024年最新版】SEOツールおすすめ31選を比較!口コミや選び方も紹介

SEO対策を効率よく、効果的に行うためにSEOツールの導入を検討している企業の担当者が多いでしょう。

しかし、ツールによって機能性や特化しているポイントはそれぞれ違うため、どれを選べばいいかわかりづらいでしょう。

検索上位ページから勝ちパターンを1分で分析するSEOツール

本記事では、おすすめのSEOツール11選とSEOツールを選定する際にチェックすべきポイントを紹介します。

特に注目度の高い11社については、表形式で料金や機能の違いが比較できる一覧表をご用意していますので、以下よりぜひダウンロードしてご活用ください。

SEOツールおすすめ11社比較表

なお、本記事では各SEOツールの注目度を客観的に判断するために、「SEOツール 比較」で検索し、検索上位に表示された紹介サイト9個を調査し、各サービスを登場回数順にピックアップし、ITreviewのレビュー数順にまとめています。

※本記事に掲載しているレビューはITreviewに許諾を得て掲載しています。
※レビューや評価などは2023年12月時点のものです。
※Leader、High Performerのバッジは、ITreviewで満足度の高い製品にHigh Performerを、満足度・認知度が共に高い製品にLeaderが付与されています。最新の受賞製品一覧はこちら


目次

SEOツールのピックアップ[PR]

検索上位ページから勝ちパターンを1分で分析「パスカル/株式会社オロパス

株式会社オロパス
圧倒的に使いやすいSEOツール【パスカル】

  • 記事の検索順位アップを目的とした機能をもつ
  • シンプルな画面設計で、初心者でも簡単に使える操作性
  • 分析した結果はすべて分かりやすいレポートで表示
初期費用要問い合わせ
料金プランライト:月額45,000円
プロ:月額60,000円
アナリスト:月額80,000円
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/4日間
主な機能キーワード登録
競合分析
記事作成
被リンク分析
レポート機能など
導入企業ユミルリンク株式会社
株式会社アップガレージ
株式会社リクトなど
導入社数2,060社以上

Sponsored by 株式会社オロパス

<比較表>SEOツールおすすめ11社

SEOツール比較表
本記事で紹介している11社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しました。短時間でサービスの比較をしていただけます。


1.Google Search Console/グーグル合同会社

グーグル合同会社

サイトの掲載順位を測定できるほか、問題を修正しサイトの注目度を高めることができる。どのようなクエリでユーザーがサイトをアクセスしているのか確認ができる。問題が検出されるとメール通知で知らせてくれるため即時対応ができる。

初期費用0円
料金プラン0円
無料プラン/
無料トライアルの有無
主な機能検索トラフィック
掲載順位測定
分析機能
サイトマップ表示
URL検査ツールなど
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


SEO対策はサーチコンソールが必須
良いポイント
・どんなキーワードでどのページにアクセスが集まっているのかわかる
・検索ボリュームやクリック数が折れ線グラフで日毎に表示されて確認が容易
・新規ページのURLをインデックス登録することで早く検索結果に表示される

 


検索結果分析にかかせない
現在のクライアントがAdobeAnalytics使用なのだが、GAを入れてなくても、Search Consoleのみでも使えるところがありがたい。SEO対策を行った場合のPDCAのため、分析に必要不可欠になっている。
コンテンツ公開の前後比較を実施する際に、期間設定比較も行えるので、どんなワードがニーズがあったのか、増えたのかが比較でき、クライアントに説明する際にもしっかりとエビデンスとして使える。

 
引用元:ITreview


2.SEARCH WRITE/株式会社 PLAN-B

株式会社 PLAN-B

プロの思考回路を搭載し流入を伸ばせる設計体制。公開済みの記事を高速リライトできる。生成AIで見出しを自動作成できる。

初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアルの有無
要問い合わせ
主な機能施策案の自動提案
コンテンツ要素の比較
競合コンテンツの抽出
タスク管理
分析機能など
導入企業株式会社ラクーンフィナンシャル
花キューピット株式会社
株式会社ネオマーケティングなど
導入社数1,000社以上

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


コンテンツマーケティングに必須のツール
とにかくコンテンツマーケティングはどういった施策をうちだしていくのか?施策に対しての結果がどうだったのか?が大切だと思いますが、このツールを利用することで、「新規施策(キーワード)のアイディア」と「施策の結果」の両方を可視化してくれます。

弊社では特に、施策に対しての結果を少人数でまとめていたため結果を集計するだけで時間がかかってしまっていて、途中施策にたいしての結果については無視してしまう傾向にありました。

このツールを活用することで、施策の結果について自動的に確認することができPDCAを効果的に回すことができるようになりました。コンテンツマーケティングでPDCAがうまく回せていないというコンテンツマーケティング担当者にはおすすめです。

 


SEO対策を理解できるようになりました
優れている点・好きな機能
・新規キーワード発見
・検索順位チェック
その理由
・キーワードの選定に役立つ
・自社のコラム順位を一目で確認ができる

 
引用元:ITreview


3.ミエルカSEO/株式会社Faber Company

株式会社Faber Company

デジタルマーケティングのプロに直接相談ができ安心かつスピーディーな対応。AIが自動分析し抱える課題を一目瞭然で把握できる。キーワードを入れるだけで関連ワードを自動抽出し、より深掘り検索ができる。

初期費用要問い合わせ
料金プラン要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/要問い合わせ
主な機能サジェスト自動グルーピング
競合流入キーワード調査
クリエタイプ分析
新規トピック分析
タスク管理・メモなど
導入企業SMBC日興証券株式会社
株式会社エービーシー・マート
株式会社PLUSなど
導入社数1,700社以上

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


Google検索上位記事が増!コンテンツSEOが強化できます
コンテンツSEOやマーケティングを強化したいメディアサイトなら使うべきツールだと思います。ミエルカを活用してオウンドメディアのアクセス数も上がりましたが、記事作成における手間、スタッフ教育の循環が良くなりました。
中でも月間の数値が見える、SEOレポートはなかなか意義や役割を伝えにくいオウンドメディアの必要性を社内営業で伝えるのに抜群です。わかりやすく、自分の仕事を理解してもらいたいというメディアコンテンツやオウンドメディア編集やコンテンツ企画をされている会社様は運用されることをおすすめします。
尚、立ち上げ時期よりは、運用して使いながら生きるツールだと思うので、ある程度メディア運用などをされてから活用すると費用対効果も高く運用できるサービスだと思います。

 


SEO対策ツールとして優秀
優れている点・好きな機能
・サジェスト抽出(月間検索数)
・サジェスト自動グルーピング
その理由
・コラムやページを作成する際の分析としてまずこちらを使う、操作が簡単
・数値も見やすく、こちらをイメージしながら内容をや言葉を選んでいく

 
引用元:ITreview


4.TACT SEO/株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲート

SEO内部、外部施策、コンテンツ評価の3つの観点から競合サイトとの差分を自動抽出できる。ニーズ調査や見出しなど記事作成に必要な業務を90%削減できる。経験豊富なカスタマーサクセス担当が併走支援を行う体制。

初期費用100,000円〜
料金プラン月額90,000円〜
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/要問い合わせ
主な機能chatGPT連携機能
キーワード調査
比較調査
結果モニタリング
導入企業株式会社春うららかな書房
株式会社タカショー
株式会社KADOKAWAなど
導入社数5,000社以上

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


結果に基づいた戦力的なSEO対策を可能にしてくれます!
SEO対策をする上でどのような視点を持てば検索上位へ向けた記事作成につながるかについて、TACT SEOのツールの使いやすさはもちろん、サポート体制も整っておりスムーズに利用できました。

 


使い始めたばかりだが、サポートのお陰で記事UP!
AI本文機能が追加されたタイミングで担当になったが、これがなかったらあの文字数をゼロから書くのはとても大変だったと感じている。また、システムの流れに沿って、選択し、タイトルなどを構築していくと、SEO対策ができた記事の骨子を組み立てられる。自分自身で考え、ゼロから進めていたら、ここまでスムーズに記事を掲載できなかったと感じる。
システムの使い方も一度慣れてしまえば問題ない。
そして、プラスして、担当者の方がフォローをしっかりしてくれるので、都度疑問点も解消できる。勉強会の開催数も多い。まずは勉強会に参加すると大枠の流れも理解しやすかった。

 
引用元:ITreview


5.Emma Tools/株式会社EXIDEA

株式会社EXIDEA

コンテンツの「足りない」が分かるAI搭載のSEOライティングツール。他のSEOツールと併用ができ、コンサルティングの依頼も可能。個人向けと企業向けで規模に合わせ利用がしやすい料金体制。

初期費用要問い合わせ
料金プランEntry:月額25,000円
Standard:月額58,000円
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/14日間
主な機能キーワード分析
記事構成作成
ライティング
順位測定
リライトなど
導入企業株式会社まきの
スターティアレイズ株式会社
スタイルアクト株式会社など
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


ライティングをしながらコンテンツをスコアリングできる!
なんといっても一番は、コンテンツのSEOスコアをライティングしながら数値化してくれること。これによってゲーム感覚で納品されたコンテンツのリライトが出来る。内製でも外注でも、一定の質のコンテンツを作ることを担保できます。しかも何を変えたら記事のSEOスコアがあがるかが画面上でわかるのも楽な点。(追加すると良いワードや、記事全体にキーワードが占める割合などが書きながら見られる)
基本的にコンテンツマーケティングのコンテンツ(記事)の制作・管理までをワンストップにしたツールであることが特徴で、記事事態もこのツール内に保存できるので、SEO対策とコンテンツ制作が直結させられるのが良いです。
あとは価格の割には機能が多く、簡易的ながらヒートマップも無制限に搭載。あとは頻繁に新機能がアップデートされている。ベータ版みたいのが多いので使い方に困ることもあるが、ここ1年使っている間に出た競合分析はSEOから広告出稿まで出来て、これが基本料金内で使えるののには驚いた。

 


初心者でも自信が持てる
優れている点・好きな機能
・未経験者でも記事を書くことができる
・操作が簡単
・サポートが充実している
・AIライティング機能
目標スコアやキーワード使用率など目安が示されているのでどこをどう改善したら良いのかを瞬時に把握することができます。AIによる自動生成機能も使いやすく話の流れや内容に悩んだ際に参考になりました。記事作成の時間短縮にもなると思います。

 
引用元:ITreview


6.Keywordmap/株式会社CINC

株式会社CINC

10時間かかっていた競合分析を2分で済ませられるSEOツール。競合調査やキーワード選定、効果計測などSEO業務を支援する機能が揃う。カスタマーサクセスが成果創出まで併走サポート体制。

初期費用要問い合わせ
料金プランライト:要問い合わせ
スタンダード:要問い合わせ
エキスパート:要問い合わせ
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/7日間
主な機能検索市場分析
競合サイト比較
キーワード選定
共起語分析
デイリーレポートなど
導入企業株式会社IDEATECH
レインメーカー株式会社
株式会社デジタリフトなど
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


検索ニーズの把握、競合調査をより正確に行うためのツールです
昨今ではSEOツールも増え、Keywordmapより安価にキーワードを抽出できるツールも多い中で、今SEO対策としてすべきことを整理するツールとしてKeywordmapはおすすめです。
特に蓄積されているデータ量が多い印象があり、自社はもちろん、他社の過去数年の傾向なども掴め、ベンチマークとしている企業がどのタイミングでどういった対策をしているかがわかりやすく、対策を取りやすいです。
運営元が提供するセミナーやサポートも充実しており、色々できることを挙げればキリがないSEO対策で、今何をすべきかを明確にできます。

 


機能はもちろんですが、CSのサポートが手厚いです!
コンテンツ作成のアイディア出しやリライトに使っています。
競合のサイトと比較して、何をするべきなのかが一目でわかる点が非常に使いやすいです。
直近でUIも変わって、より使いやすくなりました。
AIを用いた機能なども出てきており、より効率的な業務ができると感じております!

 
引用元:ITreview


7.GRC/有限会社シェルウェア

有限会社シェルウェア

無料でサイトのアクセスアップを支援するSEOツール。スマートフォン検索に対応ができ高速な動作を実現。複数の検索語や検索エンジン表示順位などワンクリックで操作が可能。

初期費用0円
料金プラン0円
無料プラン/
無料トライアルの有無
主な機能検索順位チェックツール
追跡ツール
順位履歴保存
メモ機能
レポート印刷など
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


順位チェックに特化した便利ソフト
機能としては順位チェックに特化しているので操作が簡単。
検索語はプランにもよるが当社では5000URL50万語まで対応しているので、かなりの数の検索ワードを調査可能。

 


自分の作ったサイトの順位知りたいでしょ?
キーワード:URL 8件までなら無料なのがまず良いところ。
そしてありそうで、意外と無い順位の推移を確認できるツール。

率直に言ってそれだけと言えばそれだけだが、
かと言って、他に代わりのツールが無いので唯一無二なのが良いところでもある。

 
引用元:ITreview


8.SEMRush/株式会社オロ/Semrush inc.

株式会社オロ/Semrush inc.

SEO・広告分析・SNS競合対策をオールインワンで完結できるツール。世界で1,000万ユーザーが利用しグローバルに対応が可能。競合サイトの広告文を分析できるほか、広告戦略を可視化できる。

 

初期費用要問い合わせ
料金プランProプラン:月額$129.95
Guruプラン:月額$249.95
Businessプラン:月額$499.95
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/14日間
主な機能ドメイン分析
キーワード調査
競合分析
順位計測
被リンク調査など
導入企業株式会社マネーフォワード
株式会社JTB
株式会社LIXILなど
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


使い勝手のよいSEO対策ツール
優れている点・好きな機能
・コストパフォーマンス
・他社比較の使いやすさ
・サポート面
その理由
・導入しやすい価格帯であるため、手軽に試すことができる
・他社と自社サイトの比較が簡単にできるため自社サイトの強化分析に役立てられる
・頻繁に使い方のセミナーを実施しているので初心者でも基本的な操作は比較的楽に覚えられる
 また、個別のサポートも実施してもらえるので、分からない部分について教えてもらうことができる

 


さまざまなseoツールで上位表示をサポート
競合とのキーワードのランキング率などを同時に見ることができるので、どこが弱いのかを一目でわかる。
キーワードランキングも同じところで見えるので、対策をしてどのような動きがあったのか、どの対策が良かったか悪かったかがすぐわかるので、対応がしやすい。
サイト自体のチェックもできるので、まずはチェックで問題点を見てから戦略を立て、問題点を消しながら上位を目指せるので、体系的にとりくみやすい。

 
引用元:ITreview


9.Ahrefs/株式会社フルスピード/Ahrefs Pte.Ltd

株式会社フルスピード/Ahrefs Pte.Ltd

自社サイトに限らずあらゆる競合サイトや想定キーワード検索ができる。世界で600,000人が導入し最大級のデータ量を保有するツール。約15分ごとにインデックスを更新し圧倒的なデータ更新頻度。

初期費用要問い合わせ
料金プランライト:月額12,500円〜
スタンダード:月額25,000円〜
アドバンスド:月額50,000円〜
エンタープライズ:月額125,000円〜
無料プラン/
無料トライアルの有無
主な機能サイトエクスプローラー
コンテンツエクスプローラー
キーワードエクスプローラー
アラート機能
ランキング調査など
導入企業要問い合わせ
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


競合分析に役立つSEOツール
WEBマーケをするうえで、競合調査等に広く活用できる。
期間での比較や被リンク、トラフィック数など基本的なことは一括調査できるので、便利です。

 


SEO対策には必須のツールではあるが正確性に疑問が残る
・自社サイトの被リンク状況が分かり、外部リンク施策の効果を実感できる
・どれぐらいのDRのサイトから、どんなアンカーテキストでのリンクを獲得指定いるのかが分かりやすい
・URLだけで被リンク状況がわかるので、競合のリンク施策に追従しやすい
・参照ドメイン数・リンク数が一目でわかる

 
引用元:ITreview


10.パスカル/株式会社オロパス

株式会社オロパス

誰でも直感的にSEOの改善点が分かるシンプル画面。1サイトの分析にかかる平均時間が1分の圧倒的な分析スピード。上位表示するために必要な記事構成の傾向を自動で分析ができる。

初期費用要問い合わせ
料金プランライト:月額45,000円
プロ:月額60,000円
アナリスト:月額80,000円
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/4日間
主な機能キーワード登録
競合分析
記事作成
被リンク分析
レポート機能など
導入企業ユミルリンク株式会社
株式会社アップガレージ
株式会社リクトなど
導入社数2,060社以上

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


オンラインミーティングが丁寧です
初心者でも管理画面が見やすいので作業は直感的にできます。
美しい画面と、グラフ・表でデータが視覚的に判断しやすくなっています。
外注先に提出する指示書の作成の時短につながっています。

 


支援会社・制作会社向きな安価なSEOツール
優れている点・好きな機能
・サーチコンソールと連携できる点
・競合サイトの流入など調査ができる、対策ワードの状況も確認できる
・キーワードの難易度や作成すべき記事の方針など、記事の作成のアドバイスしてもらえる
・あまり活用できていないがサポートもある点、チャットサポートもある

 
引用元:ITreview


11.tami-co/CROCO株式会社

tami-co/CROCO株式会社

SEOメディアの運営に必要な機能を揃えたオールインワン分析ツール。マーケティングを専門とする自社開発のツールだからこそ、業界問わずあらゆる課題を解決してきた実績がある。作成タイトルの採点や修正箇所の提案など記事作成に必要な機能の充実。

初期費用要問い合わせ
料金プランライト:月額39,800円
スタンダード:月額74,800円
ビジネス:月額99,800円
プレミアム:月額120,000円
無料プラン/
無料トライアルの有無
有/7日間
主な機能キーワード選定
記事作成
順位チェック
サイト登録
データダウンロードなど
導入企業株式会社インタースペース
株式会社エイチームライフデザイン
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
導入社数要問い合わせ

このツールのレビュー(ITreviewより抜粋)


処理速度も早くなによりわかりやすい画面レイアウトが使いやすい
tami-coは、SEO記事の構成作りの際に使用しています。他のツールもひととおり触ったことがありましたが、画面レイアウトのみやすさ、そして収集できるデータの多さは抜きん出ている印象です。
特定のKWを打ち込むことで、該当KWで上位表示できている他社記事が一覧で確認できるのはもちろんのこと、「他にどんなKWでその記事が評価されているか」も合わせて確認できるため、構成作りや既存の検索結果に足りない記事要素を簡単に見つけることができ重宝しています。一般的な順位や推定アクセスだけでなく、「他の人はこちらも検索」に出ているKWや、タイトルのKW設置状況なども隈なく分析できるので本当にオールインワンSEOツールといっても良いのではないでしょうか。個人的にはエクセルダウンロードをし、データを並び替えたりしてじっくり分析する使い方が好きです。

 


SEO対策に便利です
実際にユーザーが使っている検索ワードを調べる事ができるので、ニーズを探りたい時にすぐ分かるのが良い点です。

 
引用元:ITreview


そのほかおすすめのSEOツール

SimilarWeb
DemandMetrics
Google Analytics
キーワードプランナー
BULL
Lumar(旧:DeepCrawl)
GMO順位チェッカー
Gyro-n
PageSpeed Insights
Nobilista
Ubersuggest
Screaming Frog SEO Spider
リッチリザルトテスト
Lighthouse
SEOマスター
Google Trends
Keyword Finder
Moz
SE Ranking
CANALY


SEOツールを検討するときの3つのポイント

おすすめツールを紹介する前に、選ぶ際に検討すべきポイントを説明します。自社に合うツールを選ぶために、以下の3つのポイントに注目して検討してください。

ポイント1. SEOツールで使いたい機能を洗い出す

SEOとひとくちに言っても、外部・内部対策など、さまざまな要素が絡んでおり、また対策のどの段階にいるかも、各社によって異なります。

SEOに関して現在、どのようなゴールを設定していますか。

検索需要にマッチしたコンテンツ・キーワード選定をするために、ボリューム調査をすることでしょうか。あるいは、Webサイトの表示スピード最適化を重視することでしょうか。

まずは、社内で重視するKPIを明確にした上で、ツールに求める機能を洗い出してみましょう。ツールの比較検討は、そこから始まります。

このことを念頭に置いた上で、どのツールにも共通するのは競合調査の充実度と言えます。

例えば、自社・競合サイトでトラフィックを獲得しているキーワードはそれぞれどのようなものか、またそれらは効果的に用いられているかなど、求めるレベルのデータを効果的に弾き出してくれるツールを見定めていくことをおすすめします。

Yahoo! やBing、YouTubeなど、Google検索以外のプラットフォームの調査・分析ができるかについても、要チェックです。

ちなみに日本版Yahoo! はGoogleの検索技術を採用しています。各社とも検索結果の特色は異なるため、表示画面は変わりますが、アルゴリズムに関しては同じ仕組みで動いています。
しかし、Googleに次ぐ世界第2位の検索エンジンであるYouTubeについては、SEO対策がなされていないこともかなり多いと言われています。

自社で動画コンテンツを制作されている場合には、対策の穴場となるのではないでしょうか。

コンテンツに動画がある場合は、YouTubeもしっかり対策しておく必要があります。

参考:【2023年最新】コンテンツマーケティングツールおすすめ4選を比較

ポイント2. SEOで重視する項目と照らし合わせて、予算に合うツールを挙げる

多少費用を掛けても、効率的に幅広い項目の情報収集を実現できるツールを探すのか、予算がかなり限られているかによって使える費用が異なってきます。

まずは無料プランから始めて、有料ツールに移行するのもおすすめです。無料、もしくはお手頃価格で利用できるツールはたくさんあります。

ツールを検討する際に念頭に置くべきなのは、各ツールの得意分野は異なるということです。分野が限られていても、優秀なツールはたくさんあります。

メインの目的は、検索順位の把握・検索アルゴリズムの変動ウォッチか、急上昇ワードをキーワード選定するなど、重視する項目は企業によって異なります。

SEOツールの中には、新しくターゲットすべき価値あるキーワードを見つけ、自社のトラフィックシェアを拡大する機能があったり、1万人以上のマーケターたちに質問・議論ができるコミュニティなど、活用できる機能が備わっているものもあります。

さらに、利便性において日本語対応かどうかも、事前にチェックすると良いです。

ツール内だけでなく、マニュアルも含めて日本語対応しているかどうか、注意して見ておくと後で役立ちます。

もし複数サイトを運営されている場合は、指定する評価軸において、SEO調査が容易にまとめて実現できるかどうかもポイントです。

重視する評価項目を考慮しながら、無料・有料ツールを組み合わせて予算に合うように利用することをおすすめします。

ポイント3. レポートの作成は容易にできるかどうか

ツール上で調査・分析が済んだときに、CSVやPDFなど、希望するレポート形式で簡単に出力できるかどうかもチェックが必要です。

また、社内で他の担当者と円滑に仕事を進めるためにも、複数人で同時にツールを使いたい企業もあるでしょう。

そのため、同時利用人数に制限はないか、導入前に目を配っておくと安心です。

あえてレポートにしなくても良い項目については、データの取得が簡易かだけでも見ておくと便利です。さらに、他のツールとの連携機能についても確認しておきたいポイントです。

こうした機能ひとつで、分析作業の効率が大幅に変わってきます。

担当者にとっての使いやすさを事前に検討しておくと、スムーズに運用を開始できます。


SEOツールに関するよくあるご質問

SEOツールの導入を検討中の方に役立つQ&Aをまとめています。

Q.SEOの知識がなくてもツールは使いこなせますか?

A.ツールによってはSEOの知識がなくてもすぐに使えるものがあります。
例えばIntimateSEOは初心者でも安心して使えるツールのひとつです。まずは2週間の無料トライアル期間を試してみるのがおすすめです。詳しくは提供元にお問い合わせください。

Q.SEOツールの主な機能を教えてください。

A.以下は、SEOツールには、キーワード調査や自社・競合サイト調査
アクセス解析などの機能が含まれています。その他にも、サイトマップの表示や被リンク分析などの機能も含まれている場合があります。

各ツールの機能を比較したい方は比較表をご覧ください。

SEOツールおすすめ11社比較表

Q.調査や分析だけでなく、ライティングもできるSEOツールはありますか?

A.はい、ツールによっては調査や分析のほかにリライトや構成案を作ってくれるツールもあります。各ツールで仕様が異なるため、詳しくは提供元にお問い合わせください。

SEOツールを導入した際のサポート体制はどのようになっていますか?

A.基本的な活用方法のレクチャーの他にも、提供元がセミナーを開催していたり、チャットで簡単に問い合わせできる場合もあります。各社でサポート内容が異なるため、詳しくは提供元にお問い合わせください。

Q.SEOの内部対策、外部対策とは何ですか?

A.内部対策とは、自社ウェブサイトの内部要素を整備する施策です。検索エンジンにとってわかりやすく、ユーザーにとって便利で有益なサイトを作ってランキングを向上させることが狙いです。外部対策は他サイトからの被リンクを増やして、自社サイトのドメインパワーを高める施策です。サイトの権威性や信頼性を向上させ、ランキングを向上させることが狙いです。


まとめ

本記事では、おすすめのSEOツールを紹介しました。

ツールを選定する際には、ポイント1. SEOツールで使いたい機能を洗い出す、ポイント2. SEOで重視する項目と照らし合わせて、予算に合うツールを挙げる、ポイント3. レポートの作成が容易にできるかどうか、を目安にすると良いでしょう。

本記事を参考に自社にあったSEOツールを見つけてください。

参考にしたサイト

【2023年版】SEOツール比較表・おすすめをプロが厳選 – マーケティングオートメーションツール SATORI
【2024年】SEOツールのおすすめ10製品(全33製品)を徹底比較!満足度や機能での絞り込みも
【2023年最新】無料&有料おすすめSEOツール29選を目的別にご紹介! | 株式会社PLAN-B
【比較】無料・有料SEOツール30選!SEO対策におけるメリットやおすすめを解説 – ミエルカマーケティングジャーナル
【2024年最新】SEOツールおすすめ12選を徹底比較! | marketing X by goo
SEOツールの比較15選!失敗しない選び方を詳しく解説|ITトレンド
【2023年版】SEOツールのおすすめ35選を徹底比較! – SaaS LOG
【2023年最新版】SEOツールおすすめ23選!目的別・無料ツールも紹介 | WEB集客ラボ byGMO(GMO TECH)
【2024年版】SEOツール おすすめ14選を徹底比較!(有料・無料) – NotePM