EC-CUBEとは?その魅力を徹底解説!機能・事例・導入方法まで

コストを抑えて、手軽にインターネットでショップをオープンできる方法をご存知ですか?

ネットショップのオープンやECサイトの構築に便利なのが「EC-CUBE」です。では、「EC-CUBE」とはどういったものなのでしょう。

今回は、このEC-CUBEについてご紹介します。「EC-CUBEとは何か」といったEC-CUBEの基本情報から導入事例まで、詳しく説明します。

「ネットショップをはじめてみたい!」「ECサイトを自社で運営したい!」とお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

【eBook】ECサイトをアプリ化で売上アップ!リピーターが増える秘訣とは>>無料配布中!


EC-CUBEとは

EC-CUBEとは、ECサイトを構築するときに便利な無料ソフトです。EC-CUBEを使えば、ECモールに出店するよりオリジナリティを出すことができ、ゼロから構築するより費用も手間もかかりません。

ECサイトを構築する場合、レンタルカートやモールに出店することは手軽ですが、その多くは機能やデザインなどが制限されます。反面、すべて自由にゼロから構築するとなると、高額な費用や手間がかかります。

EC-CUBEはそれら双方の良さを備えており、費用をかけずにオリジナルなECショップを作りたい人におすすめです。

以下に、EC-CUBEの代表的な機能を一覧表にまとめました。参考にしてください。

基本機能

便利な機能特徴
税率対応法改正による税率変更にも対応可能。
複数お届け先1回の注文で複数のお届け先を設定できます。
マルチデバイスレスポンシブ対応。端末を選ばずご利用いただけます。
帳票出力請求書や納品書など帳票のカスタマイズも可能。
デザイン管理ブロックごとにレイアウトやデザインを変更できます。
管理者登録複数の管理者の登録、管理者別のアカウント。
売上集計期間別、商品別、年代別などの集計結果を表示。
メルマガ配信HTML/TEXTメルマガの配信が行えます。

管理機能

管理機能機能詳細
認証機能管理者登録したユーザでのID/パスワードによるログイン
商品管理商品情報から在庫数まで登録できる
レビュー管理も可能
受注管理受注情報、配送情報、納品書の出力まで管理できる
会員情報管理顧客情報の検索・登録・編集ができる
仮登録完了メールの再送も可能
コンテンツ管理フロントトップページに表示する新着情報や商品情報の登録・編集ができる

フロント機能

フロント機能の分類機能
商品紹介商品一覧ページ
商品サムネイル表示
一覧並び替え機能
商品詳細ページ
商品タグ
在庫終了ステータス
ユーザレビュー
商品お気に入り登録
商品注文ショッピングカート機能
非会員購入機能
別のお届け先入力機能
配送時間指定
お支払い方法選択
購入前見積り表示
注文処理
お客様ページ会員登録機能
ログイン機能
会員情報編集機能
注文履歴一覧表示
注文詳細確認機能
別のお届け先編集機能
お気に入り商品一覧
退会
その他パスワードリセット機能
オススメ商品表示
新着情報表示
商品カテゴリ検索
商品キーワード検索
お問い合わせフォーム

参考: EC-CUBEの機能|EC-CUBE

EC-CUBEは、ダウンロードも基本機能の使用も無料です。

ECサイトを構築する費用をできるだけ抑えたいという方にはとてもおすすめです。

EC-CUBEのすべての機能の詳細をご覧になりたい方はこちら。


EC-CUBEの4つの魅力

たくさんの大手企業のECサイト構築パッケージが販売されている中で、EC-CUBEが多くの人に導入されているのには理由があります。
ここでは、EC-CUBEを導入する魅力について説明します。

1.導入コスト無料で利用できる

大手企業が提供しているEC構築パッケージは有料のものが多く、自由にカスタマイズしてシステムそのものを開発したい場合、かなりの導入コストがかかってしまいます。

EC-CUBEであれば、無料で使え、自由に見たり、好きに改変したり、それを他の人に配ったりできます。ダウンロードも無料で、導入コストがかかりません。

ショップのオープンに必要な基本機能も無料で利用できるので、シンプルなショップであれば追加費用もほとんどかかりません。

2.ECサイトに必要な機能がすべて揃う

EC-CUBEは無料にもかかわらず、ECサイト構築のための必要な機能が十分揃っています。ですから、すぐにネットショップをオープンできます。

もし、足りない機能があっても、オーナーズストアで購入が可能です。追加機能やデザインテンプレートの種類も豊富で800種類以上あります。

EC-CUBEで使える決済サービスもいろいろあります。公式サービスである「EC-CUBEペイメント」を使うと、定期購入・2クリック決済・トークン決済など、さまざまな決算手段を選べます。

さらに、物流サービスとも連携しているので、物流会社の選択などで迷うことなく、簡単に安く導入できます。

また、マルチデバイス対応なので、PCでもスマートフォンでも利用できます。

実際の操作感や機能などは、デモサイトで試すことができます。

3.自由にカスタマイズして、使い勝手を改善できる

オープンソースであるEC-CUBEでは、自由にカスタマイズが可能です。カスタマイズが自由にできると、思い通りのショップを実現できます。

「カスタマイズは難しいのでは?」とお考えの方も多いと思います。EC-CUBEでは、専門的なプログラムを改修する必要はなく、プラグイン(ソフトウェアの機能を拡張するため追加するプログラム)をインストールするだけで、機能を自由にカスタマイズして拡張できます。

集客・販促・決済・カスタムフィールド・セキュリティ・デザインプレートなど、さまざまなプラグインが用意されているので、必要な機能だけを選んで購入することが可能です。

プラグインの料金は、無料のものから数10万円単位のものまで、機能によってさまざまです。

4.大規模なコミュニティで活用方法を学べる

180万ダウンロードを突破したEC-CUBEの登録会員者が利用する大規模なEC-CUBE開発コミュニティを利用すると、活用方法を学ぶことができます。

開発コミュニティは、エンジニアだけでなく、デザイナー・ショップ運営者・EC開発者などさまざまな人が参加します。

このコミュニティでは、質問や会話ができるので、初心者の方でも効率よく問題を解決できます。

また、ネット検索でもEC-CUBEの使い方に関する記事を調べることができます。EC-CUBE利用者が多いので、記事も豊富にあります。数が多い分、探すのに時間がかかるかもしれませんが、有効な手段のひとつです。


EC-CUBEの導入事例

EC-CUBEはさまざまな業界で活用されています。

企業によっては、制作会社へ依頼する場合もあります。EC-CUBEには、ECサイトの構築やデザインを製作するパートナー会社「EC-CUBEインテグレートパートナー」があります。

EC-CUBEの理念は、以下の2つです。

  • 今後の経済を支えるEC市場が、もっと魅力的で開かれたものになる
  • 世の中のECサイトが、実店舗のような個性的なショップだらけになる

この理念に共感している全国100社以上の企業が、EC-CUBEインテグレートパートナーとなって、制作・開発に協力しています。

それぞれのパートナー企業には、得意分野があります。どんなECサイトを構築したいか、どんなデザインにしたいかによって選ぶといいでしょう。それぞれのパートナー会社の構築実績を見ると、イメージが分かりやすいです。

ここで、各業界の導入事例をパートナー企業とあわせて紹介しますので、参考にしてください。

事例1.グローブ・トロッター

EC-CUBE1グローブ・トロッター
このサイトは、ファッション業界の「グローブ・トロッター」のオンラインショップです。EC-CUBEインテグレートパートナー「株式会社バリシス」によって構築されています。既存のオンラインショップのリニューアルで、開発期間は 1か月です。

主なカスタマイズポイントは以下になります。

  • デザインリニューアル
  • 商品絞り込み検索カスタマイズ
  • 各種テンプレートカスタマイズ
  • スマホ_ハンバーガーメニューカスタマイズ
  • 各種プラグイン導入および調整対応
  • クレジット決済機能導入

参考:グローブ・トロッター|EC-CUBE

事例2.箔一の通販コスメ BIHAKU CLUB

EC-CUBE2箔一の通販コスメ BIHAKU CLUB
このECサイトは、化粧品業界の「BIHAKU CLUB」のオンラインショップです。

EC-CUBEインテグレートパートナー「株式会社日本電子工藝社」によって構築されています。
既存のオンラインショップのリニューアルで、開発期間は 4か月です。

主なカスタマイズポイントは以下になります。

デザイン関連機能

  • TOP画面のブランディングイメージ画像の管理機能
  • 独自のおすすめ画像が登録できる機能

管理・編集機能

  • 新着情報管理機能。記事の予約、見出しタイトルからのページの生成と添付ファイルの作成
  • ランキング機能
  • 最新の口コミコメントの自動表示機能
  • 期間限定商品設定機能
  • FAQの管理機能。カテゴリ別登録が可能
  • 商品概要ページのテンプレート登録機能
  • カテゴリ画面にコンテンツ追加編集機能

商品購入関連機能

  • 定期購入ができる機能
  • カートスキップ機能
  • クーポンコード&クーポンページ発行機能
  • EC-CUBE同士の顧客情報の同期
    (同じメールアドレスとパスワードでログインができ、ポイントを累積できる)
  • 購入数量に応じた送料無料設定機能
  • 購入回数に応じた送料無料設定機能
  • 縦長ページ対応、二段式のカートボタンの設置
  • レビュー評価星の平均値表示機能
  • 最近チェックした商品のリスト表示
  • ポイントの有効期限機能

参考:箔一の通販コスメ BIHAKU CLUB|EC-CUBE

事例3.ベルギービールJapan

EC-CUBE3ベルギービールJapan
このECサイトは、食品業界の「ベルギービールJapan」のオンラインショップです。EC-CUBEインテグレートパートナー「AISHA株式会社」によって構築されています。既存のオンラインショップのリニューアルで、開発期間は 5か月です。

EC-CUBEのリニューアルによって、洗練されたデザインに生まれ変わり、ECデザイン大賞2018準優勝という実績も獲得しています。

主なカスタマイズポイントは以下になります。

  • デザインリニューアル
  • 全ページSSLで実装
  • Amazonペイメントの実装
  • 商品レビューのスター計算、レビューの表示方法
  • 売上げランキングの表示方法と高速表示
  • WordPressとの連動
  • セキュリティ面のアップデート
  • 各ページの高速表示
  • 頑張れ店長へのデータ取り込み用カスタマイズ など

参考:ベルギービールJapan|EC-CUBE

事例4.おんなの暮らし

EC-CUBE4おんなの暮らし
このECサイトは、雑貨業界の「おんなの暮らし」のオンラインショップです。EC-CUBEインテグレートパートナー「株式会社コアモバイル」によって構築されています。

EC-CUBEとWordPressの連携による新規構築で、たったの10日間でリニューアルが完了しました。

参考:おんなの暮らし|EC-CUBE

事例5.アラジンダイレクトショップ

EC-CUBE5アラジンダイレクトショップ
このECサイトは、家電業界の「アラジンダイレクトショップ」のオンラインショップです。EC-CUBEインテグレートパートナー「トエビス株式会社」によって構築されています。既存のオンラインショップのリニューアルで、開発期間は 3か月です。EC-CUBEバージョンは 2.13系で、PCとスマートフォンに対応しています。

主なカスタマイズポイントは以下になります。

  • 旧サイトから顧客データを移行。
  • トップページにスライドを表示。
  • 商品詳細画像をサムネイル表示、およびクリックでライトボックス表示。
  • 商品購入後にMyページで領収書のダウンロードが可能。

※参考
アラジンダイレクトショップ|EC-CUBE


EC-CUBEの導入の流れ

EC-CUBEの導入からネットショップがオープンするまでの流れを、以下の2つのパターンに分けてご説明します。

  • パートナーにサイト構築を依頼する場合
  • 自分でサイトを構築する場合

EC-CUBE6

1.パートナーを探す。
以下の2つのポイントでパートナーを探します。
a. EC-CUBEインテグレートパートナー
インテグレートパートナー企業の所在地・得意分野・費用の目安などを参考にしながら、パートナーを絞り込めます。開発の得意分野を見て、相談できるパートナー企業を選びましょう。プラグイン実績などを見ることもできます。

b. ECサイト構築・デザイン制作事例一覧
インテグレートパートナー企業は、多数ある中からジャンル別で検索して探すことができます。各パートナー企業の制作事例を見ると、その会社が制作するECサイトのイメージがわかりやすいです。実際に構築されたECサイトを見て、デザインや構成がイメージと合うパートナーを選ぶといいでしょう。

2.パートナーに問い合わせる。
EC-CUBEインテグレートパートナーから、希望する要件、イメージ、予算などを添えて問い合わせてみましょう。無料で見積りを出してくれる企業もありますので、気軽に相談してみましょう。

3.パートナーがヒアリング・見積りをする。
インテグレートパートナー企業が、デザイン・構成・機能等の詳細をヒアリングし、要件をまとめます。要件がまとまれば、開発費用の見積りを出します。
その見積りを見て、要件や予算などが希望に合っていれば、制作・開発を依頼します。

4.ネットショップを構築する。
インテグレートパートナー企業が、実際にECサイトを構築します。制作期間は、パートナー企業や内容によってさまざまです。

5.ネットショップを公開する。
いよいよネットショップがスタートします。

自分でサイトを構築する

EC-CUBE7

1.サーバを選択する。
a.システム要件を確認しましょう。
システム要件は、開発情報ページで確認できます。
ここでは、「開発情報」と「開発環境」を開発者向けに公開しています。

b.EC-CUBEをインストールするサーバを準備します。
サーバはレンタルすることもできます。
EC-CUBEが使えるレンタルサーバ
に、EC-CUBEをホスティングの付属サービスとして導入している企業が載っています。この中から選ぶことができます。

3.決済方法を導入する。
カード決済の導入には、審査等を含め1カ月以上かかりますので、オープンと同時に利用できるようにするためには、早めに申し込んでおいた方がいいでしょう。
カード決済には、EC-CUBEペイメント(公式)が便利です。また、決済サービスもEC-CUBEで使える決済サービスに掲載されている一覧から選ぶことができます。

4.カスタマイズ
ここでは、レイアウトやデザインの変更を行います。
カスタマイズには、プラグインを使用します。
ストアからお好みのデザインテンプレートを選んだり、機能を追加したりして、思い通りのショップを実現しましょう。

5.商品登録や各種設定を行う。
管理画面から「基本情報管理」を設定します。基本情報管理で、商品情報などを登録しましょう。また、購入動作やメール文面などのチェックも必要です。

6.ネットショップを公開する。
いよいよネットショップがスタートします。

【eBook】ECサイトをアプリ化で売上アップ!リピーターが増える秘訣とは>>無料配布中!


まとめ

EC-CUBEについてご理解いただけましたでしょうか?

EC-CUBEは、無料のオープンソースのEC構築パッケージです。導入費用などがかからないので、手軽にECサイトを構築できます。基本機能も無料で利用できるため、シンプルなECサイトであれば、すぐにショップをオープンすることが可能です。

カスタマイズもプラグインを使えば、難しくありません。EC-CUBEのユーザはたくさんいるので、コミュニティサイトも有効活用できます。ただし、機能を拡張する場合には、PHPやデータベースの知識が必要になる場合もあります。

また、EC-CUBEは国内企業である株式会社ロックオンから分社化した株式会社イーシーキューブが提供しています。日本製の信頼感に加え、消費税などにも対応しているため、日本国内を中心に3万店以上のショップで導入されています。

GLPライセンスに準拠したくない方には、有料の商用ライセンスもあります。

ECサイトの構築をご検討の方には、EC-CUBEをおすすめします。

EC-CUBEをご検討される方は、こちら。

参考

ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」
EC-CUBEとは?できること、機能をわかりやすく解説します | カゴヤのサーバー研究室
何が違う!?EC-CUBEとOrange ECの違いをまとめてみた
機能一覧 | ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」
構築事例 | ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」
ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」