【完全保存版】必見!成果を上げるランディングページの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
landingpage

売上アップのためのWebマーケティング施策として、ランディングページ作成をお考えの皆さま。
ただ作るだけで成果は上がるの?何か成果を上げる秘訣があるの?分からないことだらけでなかなか制作に踏み込めない。

今回は、そんな方のために、成果を上げるランディングページを作るために押さえておくべきポイントをご紹介いたします。

※ランディングページ改善に重要な要素を大きく4つに分け(ファーストビュー、ライティング、導線、その他のポイント)それぞれの項目で訴求ポイントのチェックが行えるシートを無料で公開しています。こちらもご参照ください。

(無料)LP分析シート

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

【目次】
———————————

  1. ランディングページとは
    1-1.集客元であるインターネット広告との整合性が重要
    1-2.  ユーザを口説き落とす要素を散りばめて
  2. 作成前に準備するべきこと
    2-1.ボリュームの源泉を特定
    2-2. ターゲットおよび訴求軸を決める
  3. 売れるランディングページの作り方
    3-1.ファーストビュー
    3-2.アクション導線
    3-3.ベネフィットの伝わる商品(サービス)説明
    3-4.利用者の声
    3-5.実施の流れ(期間・手順)
    3-6.FAQ(よくあるご質問)
  4. まとめ

———————————


1.ランディングページとは

ランディングページとは、インターネット広告で集客した見込み顧客を上手く口説き落として目的のゴール(商品購入や会員登録など)へ導くためのウェブページです。

ランディングページとはWEB業界では主に、本サイトとは違う1枚完結型ウェブページを指します。

定めたターゲットユーザを口説き落とすことに特化したページであるため、ポイントをしっかり押さえて作ればWEBマーケティングの成果を上げるための重要な施策となるでしょう。

 

1-1.   集客元であるインターネット広告との整合性が重要

成果を上げるランディングページを作るには、集客元であるインターネット広告との繋がりを意識して作ることが大事です。
なぜならランディングページの役目は、インターネット広告で集客した見込み顧客を、上手く口説き落として目的のゴール(商品購入や会員登録など)へ導くことだからです。

主な集客元である、リスティング広告との関連性を考えてみましょう。

リスティング広告から流入してきたユーザは、あるキーワードで検索した際に表示されていたそのリスティング広告文を見て、「自分の探し求めている情報がここにありそうだ」と感じたから流入してきたはずです。

そのため、ランディングページはリスティング広告と整合性の取れた内容でないと、「あれ?探していた情報と違うかも…」という印象を与え、結果ユーザはページから離れてしまいます。

つまり、売れるランディングページを作るには、リスティング広告運用者など集客元の情報を持った人物としっかり連携を取り、整合性を図ることが重要なのです。

 

1-2.ユーザを口説き落とす要素を散りばめて

さて、成果を上げるランディングページを作るには、集客元との整合性も重要ですが、それ以上に流入したそのページでユーザをどう口説き落とすかが重要です。

こちらをご覧ください。
リスティング広告で効果を最大化する為のランディングページの分析方法(LPO)

ページ閲覧データ ページ閲覧データ2
※引用元:リスティング広告で効果を最大化する為のランディングページの分析方法(LPO)

これは実際にページのどの部分が見られているかを分析したデータだそうです。
最も閲覧時間の長い順に、『白』、『黄』、『赤』、『緑』、『青』で色分けされています。
これを見ても分かるように、ページの下に行けば行くほど、ユーザは段々とその情報への熱が冷めてページを離れていってしまうのです。

だからこそ、ランディングページを読み進めるごとに、
「良さそう!」⇒「もっと詳しく知りたい!」⇒「ああ、なんて魅力的なの!もう買わずにはいられないわ!」
というように、ユーザがその商品(サービス)の虜になるような流れを考えてランディングページを作る必要があります。

 

 

2.作成前に準備するべきこと

ランディングページについて理解が深まったところで、作るためにまず準備すべきことを紹介します。

冒頭にも書きましたように、ランディングページは狙うべきターゲットを定めて、そのターゲットを口説き落とすことを目的としたウェブページです。
その狙うべきターゲットを定めるために必要な準備を紹介します。

2-1. ボリュームの源泉を特定

ターゲットを選定するために、どのようなキーワードで検索し、流入しているユーザが多いのかを確認します。

今回は、集客元をリスティング広告として話を進めます。
まず、リスティング広告運用者に下記の2つの情報をいただきましょう。

▼リスティング広告運用者に確認するもの
・キーワードの市場ボリューム
・流入の多いキーワード

あなたのサービスに関係するキーワードが、月にどの程度検索されているのかを確認します。
検索数が多いキーワードは、一般的にニーズの高いキーワードです。

また、現在リスティング広告から流入の多いキーワードが何かを確認します。
そのキーワードで検索するユーザの『ニーズの核』って何だろう?とよく考えてみてください。

 

2-2. ターゲットおよび訴求軸を決める

ボリュームの源泉を把握したところで、ターゲットと訴求軸を決めます。

例えば、弊社ランディングページへの流入が多かったキーワードが「リスティング広告 費用」だったとしたら、
リスティング広告をはじめるにあたり、費用がかかることを気にしている、できれば安く抑えたい、と考えているユーザをまず狙うべきだと考えます。
訴求軸は、自社の強み

その他にも、競合との違い、自社の強みなどを考慮した上でターゲットを選定し、訴求軸を固めます。

 


3.売れるランディングページの作り方

それでは早速、具体的にどう作れば成果の上がるランディングページが出来るのか、一般的な流れに沿ってポイントを紹介します。
構成案

3-1.ファーストビュー

ランディングページは何よりもファーストビューが勝負!
ファーストビューとは、ユーザーがそのサイトにアクセスした際に最初にユーザの目に入る画面の範囲の事です。

▼ファーストビューはこの範囲!
ファーストビュー

流入してきたユーザがランディングページを読み進めるか離脱してしまうかの分かれ目は、このファーストビューにターゲットの探し求めている情報があるかどうかで決まります。

 

【キャッチコピー】ターゲットの『ニーズの核』を突く

そのターゲットが探し求めていた情報をキャッチコピー文に入れ込むことで、ターゲットの興味をグッと引くことができます。

▼押さえるべきポイント
・ターゲットの『ニーズの核』となる関心事について記載する
・文字を大きく
・左側に寄せる
・短く簡潔に

【メインビジュアル】キャッチコピーとの整合性・目を引く写真

まず最初に目に入るメインビジュアルは、ユーザの気を引く重要な要素です。

▼押さえるべきポイント
・キャッチコピーと整合性のあるものを選ぶ
・画像より写真を使う

下記の記事も参考にしてみてください。
ランディングページは第一印象で差をつけろ!ユーザーを逃さないキービジュアルの選び方

【権威付け】権威付けで期待を高める

権威付けとなる要素があるのであれば、ファーストビューに載せましょう。
例えば、会員数10000人突破/ランキングNo.1/100年の実績/満足度90% などといった具体的な数字によるものや、●●新聞掲載/●●TVの●●コーナーで取り上げられました/●●さん愛用 といったメディア掲載実績です。

権威付けをファーストビューに載せることで、「お!期待以上の商品(サービス)かもしれない」と思わせることができます。

▼押さえるべきポイント
・王冠やメダルを使う
・具体的な数字で権威を示す ※小数点は使用しない。
・知名度の高いロゴを載せる

ファーストビュー施策

 

3-2.アクション導線

アクション導線も、ただ「購入はこちら」などと書くだけではもったいない。
アクション導線を工夫することで、まだアクションしようか迷っているターゲットの心を揺さぶることができます。

▼押さえるべきポイント
・ファーストビューの範囲に入れる
・コンテンツの合間合間に挟む
・周囲に同化しない目立つ色のボタンにする
・クリックできることが見た目で分かるようなボタンにする
・「無料」や「返品可能」など、アクションへのハードルが下がる文言を入れる
・期限を設けて焦らせる

また、このほかにコンバージョンを何と定義するかも、成果アップのための重要な要素です。
「商品購入」にするのか、「資料請求」にするのか…。
余力のある方はコンバージョンの定義もしてみてください。

成果アップの第一歩!コンバージョンの意味を正しく理解し定義する

 

3-3.ベネフィットの伝わる商品(サービス)説明

ただの商品(サービス)説明では、ターゲットは食いつきません。
ユーザのベネフィットを提示して「これを利用すれば自分にとってこんなに良い」とイメージできるように仕向けることが重要です。

そしてベネフィットとは、あなたの言いたいことではなく、あくまでユーザにとってプラスとなる情報です。「だからどうなるのか」を考えると分かりやすいですよ。

例)「美容成分を90%配合!」
⇒「豊富な美容成分90%配合で、朝までつけたてのようなぷるぷる肌!

例)「世界一の薄さを実現!」
⇒「世界一の薄さで、置き場所に困りません!

▼押さえるべきポイント
・ユーザのベネフィットを提示する
・ベネフィットは分かりやすく3~5個程度にまとめる

ベネフィット

 

3-4.利用者の声

さて、商品(サービス)の情報を得てだんだんとターゲットは「買ってみようかしら」「申し込んでみようかしら」という気分になっているはず。
でもそこですぐに行動へ移さないターゲットを安心させるのが、第三者の「口コミ」です。
自分以外のユーザは実際にこの商品(サービス)を利用してみてどう感じたのだろう?気になりますよね。

第三者の声は、信憑性があればあるほどターゲットにプラスの印象を与えます。
それでは、利用者の声を掲載する際のポイントを見てみましょう。

▼押さえるべきポイント
・利用者の実写真を載せる
・名前/年齢/居住地 など本人に関する情報を載せる
・口コミの中で一番印象深い言葉を見出しとして入れる

お客さまの声

実写真が難しいのであれば、イメージ画像でも構いません。名前が難しければ、イニシャルやニックネームでも構いません。とにかくよりリアリティの感じられる工夫を凝らすことが重要です。

 

3-5.実施の流れ(期間・手順)

商品が届くまでどのくらいかかるのか、何か自分が用意しておくべきものはあるのか、など、今後自分は何をすればいいのかが把握できるとユーザは安心します。

▼押さえるべきポイント
・工程がいくつあるのかすぐ分かるような図を用いる
・誰が何をするのか明記する
・各工程がどれほどの時間かかるのか明記する

実施の流れ

 

3-6.FAQ(よくあるご質問)

ここまで商品(サービス)について説明してもまだ生まれるであろう不安や疑問点は、最後のFAQ(よくあるご質問)ですべて解決しましょう。

▼押さえるべきポイント
・不安や疑問に対して明確に回答する
・実際によく寄せられるであろう質問事項を記載する
・質問に対しての回答でプラスの印象を与える

よくある質問

 

+α.フォームの追加

商品購入や会員登録、費用見積もりのフォームをユーザに記入してもらう必要がある場合は、ランディングページ内にフォームを入れ込むだけでも成果が上がります。
そしてさらにフォームの仕様もひと工夫すれば、成果は格段に上がるでしょう。

▼押さえるべきポイント
・入力項目は最小限まで減らす
・入力が「必須」か「任意」か明記する
・入力ボックスには記入例を用意する
・入力エラーはリアルタイムに表示させる
・入力中の項目は色を変える

フォーム
※引用元:【保存版】問合せを劇的に増やすエントリーフォーム最適化(EFO)15の方法

フォームは極力ユーザにストレスをかけないよう、いかに短く簡単に記入できる工夫を凝らすかが重要です。
上記では厳選5つのポイントをご紹介しましたが、もっとフォームの最適化を極めたい方は下記の記事を参考にすると良いでしょう。

【保存版】問合せを劇的に増やすエントリーフォーム最適化(EFO)15の方法

もちろん、フォームを入れ込む際はアクション導線をクリックしたらこのフォームまで自動でスクロールされるように設定することも忘れずに。

 


4.まとめ

いかがでしょうか?
今回は、本気で成果を上げるランディングページを作るための、理解の深堀り、そして成果を上げる構成のポイントについて具体的にご紹介いたしました。
これらのことを実践すれば、成果が上がることは間違いないでしょう。

そうは言っても、ターゲットの設定や構成の組み立てに自信がない…という方。
弊社では、ターゲット設定からシナリオ設計、そして制作まで一貫して承っています。

ランディングページ制作を検討中の方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

※ランディングページ改善に重要な要素を大きく4つに分け(ファーストビュー、ライティング、導線、その他のポイント)それぞれの項目で訴求ポイントのチェックが行えるシートを無料で公開しています。こちらもご参照ください。

(無料)LP分析シート  

リスティング広告初心者向けのガイドブック(無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.

坂本真由子

2013年入社、LISKUL命名、立ち上げメンバー。お客さまのWEBにおけるCVR改善がミッションです!近頃は、インフィード広告、レコメンドウィジェット型広告向けの記事企画・執筆を担当。”売れる記事型LP”を日々研究中です。
pagetop