ホームページとランディングページの違いは?集客方法によって使い分けよう!

インターネットで集客するにはホームページの存在が必要不可欠です。

しかし、ホームページを持つと言っても「そもそもホームページ、ランディングページの違いがわからない。」「ホームページで集客したいけど何をしたらいいかわからない。」といったことはありませんか?

本記事ではホームページやランディングページの違いについて説明していきます。また、それぞれに適した方法で集客も紹介してきます。

ホームページ、ランディングページの両方を使って集客した筆者の経験をもとに執筆したので、ぜひご参考ください。

ホームページ作成サービス「ペライチ」の無料登録はコチラ

※本記事は株式会社ペライチ提供によるスポンサード・コンテンツです。


ホームページとランディングページの違い

ホームページとランディングページの違いをシンプルに説明すると「複数のページで構成されているものはホームページ」「1ページだけで構成されているものはランディングページ」です。

しかし、それによって果たせる役割に違いがでてきますので用途によって使い分けすると効果的です。

ホームページとランディングページの違い比較表

ホームページ ランディングページ
【ページ】 複数ページ 1ページ
【目的】 情報の提供 行動を起こさせる
【集客方法】 検索エンジン ネット広告

まずはホームページの役割ですが「ユーザーに情報提供すること」です。情報を発信し続ければ情報量が多くなり、検索エンジンの上位に表示される可能性が高まります。

少しずつコンテンツを増やしていくことで、中長期的に集客力を高めていけます。

続いてランディングページの役割は「ユーザーに行動を起こさせること」です。ランディングページは1ページだけなので、ホームページに比べると簡単に作成できます。

反面、検索エンジンからの評価を受けづらいため、インターネット広告を使って集客する場合が多いです。


まずはホームページを作っておくべき

初心者はまずはホームページを作っておきましょう。

ホームページの方が幅広い情報を発信できるため、汎用性が高く運用しやすいので初心者向きです。(参考:ホームページ作成で最初に考えるべき3つのポイントと作成方法の選び方

ホームページでは会社や店舗の存在を認知してもらうことに適しています。

例えば店舗のホームページであれば「店舗情報、アクセス、おすすめメニュー、お問い合わせ」などのページがあれば良いでしょう。

また、それだけでは良さが伝えきれないというのであれば、店長の挨拶やお店のこだわり、ストーリーといったコンテンツを追加しても問題ありません。

ホームページの役割はユーザーに情報を伝えることが目的ですから、新しい情報があればどんどん追加していくことができます。

また、コンテンツを追加するほど情報量が増え、検索エンジンの上位に表示されやすくなりますので、少しずつ集客力を高めていくことが可能です。


ホームページを活用して月平均売上を3割上げた事例

売上が平均3割増加したワイナリーのホームページ
ホームページを開設して月の売上が平均3割増加したワイナリーの事例があります。

もともとはネットショップでしたが、売上が伸び悩んでおりホームページを作ってワイナリーの魅力を伝えるコンテンツを追加しました。

当初はショッピングサイトとして制作を依頼していたのですが、打ち合わせの段階で「せっかくなので、ワイナリー内の施設も分かりやすい形で紹介したい」という要望が社内から出てきたため、「このワイナリーで作られているワインなら飲んでみたい」と思っていただけるような、ワイナリーの魅力を伝えるコンテンツも加えて、サイト制作の軌道修正をしていただきました。

引用:一般財団法人神戸みのりの公社|売上・集客アップにつながった企業の成功事例│成功するホームページ制作会社はオールインターネット

結果「このワイナリーで作られているワインなら飲んでみたい」と思わせることで月の平均売上を30%増加に成功しました。

もちろん、コンテンツを追加すれば検索エンジンから情報の詰まったホームページという評価も得られるので、集客効果も高まっていきます。

このようにホームページを育てて行けば魅力を伝えるだけでなく中長期的な集客も実現が可能です。

それでは続いてランディングページの特徴について確認していきましょう。


ランディングページは行動を促しやすい

ランディングページは行動を促しやすいのが特徴です。

ランディングページは1ページで構成されているので、他のページを確認する必要がなく、読み進めて行くだけで自然に行動につながるように構成されています。

例えば商品の申し込みが目的の一般的なランディングページであれば、「キャッチコピー、商品の説明、問題の解決、根拠、権威付け、申込み」といった構成でランディングページを作り、最終的に商品の申込みまでできるようになっています。

またリスティング広告やFacebook広告などのインターネット広告を利用すれば、短期間の間に沢山のユーザーを集めることができます。キャンペーンや期間限定のイベントなどで活用すると効果的です。

ただし、インターネット広告の運用にはノウハウや費用が必要なので、継続的に集客を行いたい場合にはホームページの方がおすすめです。


ランディングページを使って申し込みを4.4倍にした事例

ちきゅう
ランディングページを使って4.4倍の申し込みを獲得した事例です。

この事例ではユーザーインタビューを行い、実際にサービスを使っている人の声を取り入れながらランディングページの改善をしていきました。

結果、ユーザーが求めている情報を明確化でき、より良いランディングページに仕上げていくことが可能です。

「週に1回、新しいランディングページを作成する」と決めて、PDCAサイクルを回していった結果、リスティング広告からのコンバージョン率は0.89%から5.79%まで上昇しました。6.5倍です。

引用:コンバージョンを4.4倍に増やした2つの秘訣 | 顧客管理(CRM)・商談管理のちきゅう

リスティング広告(ネット広告)を使えば集客効果が高まり、効率よくデータを集める事ができます。結果、素早くPDCAを回せます。

ランディングページは1ページだけのシンプルな構成なので、ちょっとした修正で数値が大きく変動します。

ランディングページは「成功or失敗」の判断がわかりやすく、成果を得やすいため、広告との相性が良いのです。


ホームページやランディングページを簡単に作成できるツール

もしホームページやランディングページなどのウェブサイトを持っていなければ簡単に作成できるツールがあります。

専門知識を必要とすることなくできるのがツールの強みなので、一度チャレンジしてみても良いでしょう。

もしツール選びで迷っているのであればこちらの記事を参考にしてください。

>>無料で使える!ホームページ作成ツール23選


まとめ

今回紹介したようにホームページとランディングページで特徴が違うので、理解した上で使い分けると良いでしょう。

もし、ホームページとランディングページどちらを作ればよいか迷っているのであれば、まずはホームページから作ってみてはどうでしょうか?

小規模でホームページを作成して、伝えたいメッセージや情報が出てきたら徐々に増やしていくことで、自然にホームページとして運営していけます。

記事冒頭で定義した「ホームページとランディングページの違い」と矛盾した言い方になるかもしれませんが、情報量が少ないうちは「一枚もののホームページ」を作り、徐々に情報を追加してホームページとして完成させていきましょう。

ホームページ作成ツール「ペライチ」(PR)

ペライチは国産のホームページ作成ツールです。ホームページもランディングページも作ることができます。

ペライチは名前の通り1枚もののページを作るツールですが、工夫次第でホームページのような多層構造のページも作成できます。

まずは無料プランで最初の1ページを作ってみてはどうでしょうか。

ホームページ作成サービス「ペライチ」の無料登録はコチラ

※本記事は株式会社ペライチ提供によるスポンサード・コンテンツです。