ランディングページの制作を依頼する上で知っておくべき相場など、重要な3つのポイント

上司から突然ランディングページを発注するように任されてしまったが何をどうしたらよいかわからない…

果たしてスムーズに発注できるのか?どこに発注すればいいんだろうか?何を基準にしたらよいのか?

このような悩みをお持ちの方はいませんか!

このような問題を解決するために、今回はランディングページを発注する上で重要なことについて紹介させていただきます。発注前に注意すべきことから、発注後に注意すべきことまで、それぞれのフローに合わせて紹介しているので、参考にしてみてください。

【無料診断】Webサイトを無料で解析!29,000サイトのデータをもとに改善ポイントまでご提案します!>>


ランディングページで最も大切なこと

ランディングページの制作依頼を任された場合は、そのページで何をすることが目的なのか?ということをはじめに意識した方がよいでしょう。目的を意識しないと、本来作りたいはずのページが作れないからです。

また、自社の予算、制作会社の相場や制作会社の得意分野など、詳細な情報を把握しておくことでスムーズに制作を行うことができます。

目的の設定

どのような目的でランディングページを作ろうとしているのか再認識しましょう。また、その目的を達成するためにはどのようなページを作るとよいか、どのようなデザインであればターゲットに合っているか、あらかじめ目星を付けておくことで制作フローがスムーズになります。

簡単な具体例としては、「ブランドイメージを良くしたい場合→デザインに凝ったページを作るとよい」「CVRを高くしたい→商品やサービスの良さを伝えることにこだわったページを作ると効果的である」等々があります。

自社の予算と相場の把握

自社の予算を把握し相場を把握することで、費用の無駄を減らします。これらの情報を事前に把握しておかないと、制作費用が必要以上にかさむことがあるので注意しましょう。またページ制作における相場を知ることで、正しい判断で制作会社を選べるようになります。


押さえておくべき3つのポイント

ここでは、「納品までの流れ、費用・相場の把握、実績での判断の仕方」という押さえておくべき3つのポイントについて紹介します。この3つを抑えることで、正しい判断のもとで実際に発注することができるようになります。

ポイント1:納品までの流れを知る

納品までの流れを大きく把握することで、フローの中で気をつけるべきポイントや準備しておくべきことが明確になります。

詳細にランディングページをイメージする

作りたいランディングページを詳細にイメージしておくことで、制作会社に依頼する際に、作りたいページの構想が伝わりやすくなります。

また、最初の構成からすべて発注してしまうと、費用が高くなる上に納得感のない仕上がりになる恐れが高まるので気を付けましょう。

見積もり依頼

必要な作業工程はどれかを見極め、費用に無駄が出ないよう取り決めます。文章や画像、構成、どこまでを自分で用意するのか?どこまでを依頼に含むのか?疑問点を洗い出し、制作会社と納得いくまで話し合いましょう。

そうすることで必要十分な料金で依頼することができます。また、オプションをはじめとする追加料金が発生しているかどうかについてもチェックすることで、できるだけ料金を抑えることができます。

依頼する

イメージしているものが的確に伝わっていることを確かめ、その上で提示された金額に納得がいったら依頼しましょう。

また、依頼する前にキャンセル料金の有無や、ページが納得いかなかった場合の対応を確認しておくことも重要です。

支払い

支払い方法はなにか?支払い期限はいつまでか?金額に間違いはないか?当たり前のことですが確認しましょう。綿密に確認をすることで、制作フローに支障をきたすリスクを無くします。

納品後

納品後のサポートを存分に活用しましょう。そのためには、サポートがあるのかないのかとうことを最初に確認しておく必要があります。

「ページを作ったはいいが集客できない」というように、ページを活用しきれていないことがよくあるので、サポートがある場合は積極的に助言を求めましょう。

ポイント2:費用の相場を知る

今回、独自で調査をした結果として5~10万円が多いという調査結果になりました。また、割合で表すと9割の企業が5~20万円でランディングページ制作を請け負っている状態が見える結果となりました。

費用の相場を知ることは発注を行う上で重要な判断軸になります。これらを把握していないと必要以上の料金を要求される場合があるので気をつけましょう。

下記に独自で調査をした詳細をまとめているので参考にしてみてください。

<ランディングページ 費用 調査定義>

抽出基準 ・「ランディングページ 制作 費用」などのキーワードで上位表示されるサイトの デザインコーディングのみにおける費用
・縦幅:5000pxを目安
・スタンダードプラン/通常プラン を目安に抽出 ・文章や画像は自分で用意するものとし、コーディングとデザインのみの依頼
調査母数103社
調査期間2018年11月 現在

<ランディングページ 費用 調査結果>

5万円以下21社
5万円〜10万円53社
10万円〜20万円21社
20万円〜30万円2社
30万円〜40万円1社
40〜50万円1社
50万円以上2社

ポイント3:実績のある制作会社に依頼する

値段だけではなく、実績を見ることも大切です。なぜならデザインに優れたページを作ったからといって、ページ訪問数が増えるとは限らないからです。そのため、できるだけマーケティングまで考慮したweb制作会社を選びましょう。

参考:実績のあるランディングページ制作会社の一覧 ≫

制作会社によっての得意分野を把握する

デザイン性に優れたページを作る会社やCVR改善に特化した制作会社など、制作会社によって強みが違うことがあります。そのため制作会社の強みを活かすために、どの分野、どの目的(CVR改善など)で実績があるのか、を依頼する際に調べる必要があります。

過去の事例ページをチェックする

過去の事例ページを見て、自分が作りたいページが作れるのか確認しましょう。ほとんどの企業が、過去に作ったページを実績としてホームページに掲載しています。そのため、その制作会社が作った過去のページを見て自分が作りたいページのイメージに合っているかを確認しましょう。


その他の注意すべきポイント

その他の注意すべきポイントについてご紹介します。これらを抑えることで、より円滑に制作依頼を行うことができます。ぜひ参考にしてみてください。

費用が安過ぎる

費用が安すぎる制作会社は極力避けましょう。理由としては、低クオリティのページ制作を行ったり、追加オプションで多額の料金を請求されるなどのリスクがあるからです。なぜその費用で制作依頼を行えるのか、理由の裏付けをとった上で妥当な料金での制作を依頼しましょう。

SEO対策

SEO対策がされているかということは非常に重要です。なぜなら、SEO対策がされていると作成したページが上位表示されるため、閲覧数が増加するからです。逆にSEO対策がされていない制作会社に依頼した場合、ページが作成できたとしても閲覧数が増えづらいので気をつけましょう。


まとめ

いかがでしたか?

冒頭でも記したように、ランディングページの制作依頼を任された場合は、そのページで何をすることが目的なのか?その目的を達成するために自社の予算と費用が釣り合っているか?を把握しておくことが大切です。

「実際、自分でどこまでランディングページを仕上げられるの?」と疑問に思う方は、無料で使えるランディングページ作成サービスを利用してみてください。無料かつ簡単にページを作ることができるので、「ランディングページ制作」を大まかに理解できるでしょう。

参考:ランディングページ作成ツールの一覧 ≫